起業したくてもお金がないと起業できないのか?

「起業したいけど、お金がないと起業できないんじゃないか?」

あなたはそう思ったことありませんか?

起業って聞くと、どうしてもお金がかかるイメージがありますよね。

それもあってか、実際に起業したくても、お金がないという理由で起業を断念する人も少なくありません。

せっかく起業したいという意思があっても、お金がないって理由だけで起業を諦めるのは非常にもったいないと僕は思います。

お金がないと、本当に起業することはできないのでしょうか?

今回はそんな話をしていきます。

 

起業そのものはお金がなくてもできる

結論から言えば、単純に起業するだけならお金がなくてもできます

例えば、株式会社を設立しようとします。

以前は株式会社を設立するのに、最低でも1000万円の資本金が必要でした。

それが今では、会社を規定する法律の改定により、資本金1円でも株式会社の設立が可能になったのです。

なんかすごい時代になりましたねぇ・・(笑)

その他にも、個人事業主として起業する手もあります。

個人事業主としてなら、開業届を出すだけなので気軽に起業できますし、なによりお金がかかりません。

しいて言うなら、申請のために税務署に行く交通費ぐらいです。

このように起業そのものは、お金がなくても可能なのです。

 

開業資金や起業後の費用にお金が必要となる

起業をするだけなら、お金がかからない事が分かったかと思います。

お金が必要となってくるのは、開業資金やその後の費用なんですよね。


ジャンルによっては、大金が必要なものもあります。

例えば、飲食店や事務所などで開業するとなると、数百万~数千万の資金が必要となってきます。

ただ開業資金が払えなくても、金融機関から融資を受ければ、資金が足りなくても開業は可能。

全くの0と言うのはマズいですけどね・・・(笑)

ただ融資を受けたら、当然その返済をしなければいけません。

もし起業してお金を稼ぐことができなければ、返済が苦しくなってきます。

そして返済するめどが立たず、借金が貯まりに貯まった人が事業をたたみ、自己破産を選択してしまいます。

これが、起業はリスクが高いと言われる理由なんですよね。


あと事業を続ける上で必要となってくるのは固定費です。

代表的なものだと、地代や家賃、電気、水道、ガスなどの光熱費。

いい土地に会社や店舗を建てたり、建物が大きくなればなるほど、この固定費も高くなってきます。

それに社員やアルバイトを雇うなら、人件費も必要となってきますよね。
(アルバイトやパートは変動費として考えられることが多いですが、今回は固定費という扱いで)

この固定費は基本的に毎月の売上から差し引かれます

これに加え融資を受けた人は、その返済もしなくてはなりません。

売上から支出を引いて黒字になればいいですが、赤字が続くようだと問題ですよね。

先ほども話したように、借金が貯まっていくと、最終的に自己破産を選択することになります。

このように起業するだけならお金はかかりませんが、その後の費用などでお金が必要だという事です。

 

お金がかからないジャンルで起業する

「そんな多額の開業資金や固定費を支払いたくないなぁ」

という人は、お金がかからないジャンルで起業したり、お金をかけないような工夫をしましょう。

例えば、整体院やネイルサロン、何かの教室をやりたい人なら、店舗を持たなくても、自宅を使って開業することが可能です。

実際に僕の知り合いで、自宅にお客さんを招いてネイルをしてる人もいますから、必ず店舗を持たないと開業できないわけじゃありません。

自宅で開業できれば、店舗を建てるための費用が必要なくなります。

飲食店などでも、店舗を持たずに飲食業を営む、ゴーストレストランというビジネスモデルが、日本でも少しずつ増えてきてるんですよね。

ゴーストって言っても、廃墟を使った飲食店ってことじゃないですからね(笑)

ゴーストレストランとは、客席を持たず、オンラインデリバリーに特化していて、店舗の中で作った料理を配達員がお家まで届けてきてくれます。

飲食店でデリバリーサービスをしてるお店もありますが、そのデリバリーだけをしてるお店と考えてもらえるとわかりやすいんじゃないでしょうか。

ゴーストレストランの一番のメリットは、なにより店舗を建てるための資金が少なくてするといったところです。

普通飲食店を開業しようとすると、店舗を建てるのに数百万円~数千万円の資金が必要になってきます。

客席を設けたり、お店の内装をオシャレにしたりするため、多額の資金がかかってしまうんですよね。

それがゴーストレストランなら、用意するのはキッチンとシェフだけ。

お店にお客さんを来店させないため、客席を設けなくていいので少ないスペースで済みますし、内装をオシャレにする必要もないので、その分のお金が浮きます。

そのためゴーストレストランなら、開業資金を数十万円程度にまで押さえることが可能に。

今までリスクが高いと言われていた飲食業でも、これなら十分起業できますよね。


それに資金が全く必要ないジャンルで起業するという手もあります。

僕がオススメするのは、ネットビジネスで起業する方法です。

ネットビジネスなら、先ほど話した開業資金も必要ありませんし、ネット環境さえあれば自宅でもできるので固定費もそこまでかかりません。

ネットビジネスで起業するために必要な資金は、数万円~数十万円と、他のジャンルと比べても少ない資金で起業できるんですよね。

僕がどうしてネットビジネスで起業することをオススメするのか?

ネットビジネスで起業することをオススメする、3つの理由をこちらの記事で話してます。

少ない資金でリスクなく起業したいと考えてる人や興味がある人、ぜひご覧ください^^

ネットビジネスで起業するのがオススメな3つの理由

2019年8月27日

 

まとめ

お金がなくても起業する事が可能です。

僕の気持ちとしては、起業しようと高い意識を持ってるのに、資金面の問題で諦めてしまうのは非常に勿体ないです。

今回話したように、お金をかけなくても起業する方法はたくさんあります。

昔みたいに、大金がないと起業できないってことはありません。

だからお金がないって理由で諦めるのではなく、資金が少なくても起業できる方法を模索してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA