給料アップの為に仕事を頑張る必要はない2つの理由とは?

「給料を増やすためには、ひたすら仕事を頑張らないといけない!」

あなたはそう思っていませんか?

給料を増やそうと、日々の業務をガムシャラになって取り組んでる人って、結構いるんですよね。

僕も昔はそうでした。

給料が少ないという不満から、出世して大金を稼いでやろうと毎日の仕事に燃えに燃えまくっていました・・・(笑)


ただ、今の僕は給料アップの為に仕事を頑張ってはいません。

正直、給料アップのために仕事を頑張ることって、無駄なことだと気付いたんですよね。


今回は、給料アップの為に仕事を頑張る必要はない2つの理由を話していこうと思います。


仕事を頑張る必要がない2つの理由とは?

給料アップのために、仕事を頑張る必要がない理由はこちらになります。

・どれだけ成果をあげても他の人とそこまで給料が変わらない

・自分の力でお金を稼げばいい

次に、これらの理由を詳しく解説していきますね。

 

①どれだけ成果をあげても他の人とそこまで給料が変わらない

まず1つ目の理由として、どれだけ成果をあげても他の人とそこまで給料が変わらないということです。

給料を上げる方法で、一番思いつきやすいのが、会社で出世する事ではないでしょうか?


ではどうすればより早く出世できるか・・・

それは果敢に仕事に取組み、成果をあげる事です。


もちろん能力だけでなく人間性の部分も大事ですが。

自分を評価して昇格させたりするのは上司なので、中には上司の評価を上げる為に仲良くしたりとか、ゴマをする人だっていますしね・・・(笑)

僕も上司から評価されるために、大きな案件の仕事など積極的に取り組んで成果をあげたりと、とにかく仕事に明け暮れていました。

そのおかげもあってか、昇給する際は他の同期よりも昇給額は多かったです。

上司からも、同期の中でトップの出世スピードだと言われてました。

しかし昇給額が多いと言っても、同期より2000円とか3000円多いぐらい・・・。

基本給の差も1、2万円程度のもの。


評価してくれた事をありがたく感じるところなのかもしれませんが、一年間通して働いてこれかというのが本音。

それにこれから数年間、数十年間働いたとしても、そこまで他の人と給料の違いがなく、自分が思うような収入を得ることができないんだろうなと思いました。

結局、仕事をやってようとやってなかろうと、給料はあまり変わらないんですよね。

会社が年功序列の要素が強いせいか、どれだけ成果をあげようとそこまで給料に反映されません。


そんな事実を目の当たりにして、出世で給料を増やそうとする事は効率が悪いと気づいたのです。

なにより、自分の労力をかけるほどではないなと思いました。

 

②自分の力でお金を稼げばいい

2つ目の理由は、自分の力でお金を稼げばいいってことです。

元々僕は、会社での労働でしかお金を稼ぐ方法を知りませんでした

それもあって、出世で給料を増やすという選択肢しかなかったとも言えます。

しかし今では、投資や自分でビジネスを始めたりと、さまざまなお金稼ぎの方法がある事を知ってます。

ようは、昔と違ってお金を稼ぐ選択肢が増えたという事ですね。


それに自分でお金を稼ぐとなると、収入の上限がありません。

給料だと、どうしても給料額を決める権利は会社が握っているため、ある程度の収入の範囲が決められているんですよね・・。

これによって個人がどれだけ売上をあげようが、成果をあげようがあまり自分の給料に直結しないため、割にあわないように感じるのです。


ただ自分の力で稼ぐとなると、そういった会社からの制限もないので、自分が稼いだ金額を丸ごと収入として得る事が実現可能。

正に稼いだ分だけ丸儲け!ってやつですね(笑)

そっちの方が自分の労力が収入に直結するので、成果をあげればその分収入も比例して増えていきます。

そう考えたら、僕は自分で稼いだ方が効率がいいと感じました。

それに今は昔と違って、個人でもお金を稼ぎやすい時代になってきてます。

海外ほどではありませんが、日本でもフリーランスとして働いてる人の数が増えてます。

それにブロガーやYoutuber、インスタグラマーなどなど、個人が発信してお金を稼いでる例も珍しくありません。

昔と違って、お金を稼ぐ選択肢って増えてるんですよ。

それに個人でも取り組むことができるようなものが。

確かに自分の力でお金を稼ぐのは労力を使いますが、それは仕事でも同じこと。

今まで出世のために使ってた労力を、自分の起業やビジネスに使ったほうが効率よくお金を稼げることができる。

だから会社で出世するよりも、自分の力でお金を稼げばいいやって思ったんですよね。

ただ自分でお金を稼ぐと言うと、必ずしも会社を辞めないといけないと考える人がいます。

いきなり仕事を辞めて起業したり、ビジネス一本に絞るのはリスクが高いです。

だけどそこは安心してください。

今の時代、サラリーマンとして働きながらでも、起業することができるんですよね。

その理由を下記の記事で話してるので、ぜひ読んでください。

サラリーマンを続けながら起業したいと考えてる人、必見の内容となってます。

サラリーマンのまま起業する事ができるジャンルとは?

2019年9月21日

 

まとめ

今回は給料アップの為に仕事を頑張る必要がない理由について話しました。

お金をより稼ぐという視点で見たら、出世して給料を増やす事よりも自分の力でお金を稼ぐ方が効率がいいと感じたからです。


これを読んでる人の中には、出世して給料を増やそうと、毎日の仕事に必死になって打ち込んでる人もいるかと思います。

ただもっと効率よく稼ぎたいというのであれば、その出世に向けている労力を自分の力で稼ぐために向けてみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA