【第5章】挑戦した先に見出した1つの道

第4章でも書いてますが、僕は再びお金の稼ぎ方を調べていました。

ただ今までとは違い、自分以外の人や組織に依存しない稼ぎ方を調べる事に。

なぜなら今回の反省を活かして、自分でビジネスを始めることを決意したからです。

今まであった自分の労力を使わず楽に稼ぎたいという甘い考えはもうありません

この甘い考えが他人や組織に依存させ、今回の悲劇を招いた元凶だとわかっていたからです。


自分でビジネスを始めるという事は、労力はかかるし手間ですが、稼げるかどうかは全て自分次第だし、失敗しても全て自分の責任なのでシンプルだと思いました。

何より僕自身、自分の力で稼いでやろうという気持ちが強かったからです。

いきなり壁にぶつかる

さまざまな稼ぎ方がある中で、僕はネットビジネスで稼ぐ事に決めました。

理由としては2つ、ネットビジネスならサラリーマンとして働きながらでも起業できる事と元手があまりかからないからです。

「稼ぎ方が決まったら早速実践!」といきたかったのですが、ここで1つの疑問が生まれます。

「稼ぐといっても具体的に何から始めればいいんだ?」

僕は株で大敗した時の事を思い出しました。

株のやり方は調べていたんですが、投資の本質を全くもって理解していなかった

だから200万を超える含み益があった時でも株を売ろうとせず、いつまでも株価が上がると思って持ち続け、結果として大敗したんだと。

本質を理解していれば、いつまでも上がるという根拠のない考えにはならずに利益を確定する事ができたと。


ネットビジネスでも同じ事が起こるのでは?と考えました。

なぜなら僕は起業の知識が全くもってなかったからです。

それもそのはず。

学校の授業でビジネスや起業の事なんて学びませんから、独学で勉強しない限りそんな事知らないのです。

当然僕はそんな勉強はした事ありません。


そんなビジネスの本質を理解してない状態で稼げたとしても長続きせず、それに稼げる金額も少ないのではと考えました。

「同じ過ちを繰り返すわけにはいかない」

僕はまず起業の勉強から始めていくことにしました。

ビジネスの本質を教えてくれる人はなかなかいない

起業の勉強をしようにも僕の周りには起業家や自分でビジネスをしている人がいなかったので、ビジネスを教わる事ができません。

なので僕はネットで情報商材を調べて勉強する事にしました。

ただ情報商材の中には詐欺商材もたくさん出回っているので、僕は1つずつ慎重に調べていく事に・・・。


もう二度と詐欺には遭いたくなかったので(笑)


調べていく内に思ったのが、稼ぎ方を教えてくれる商材やセミナーはあっても、ビジネスの本質を教えている人は全然いなんだなという事です。

独学で学ぶしかないのか・・・と思っていた時に僕は経営コンサルタントの加藤将太さんと出会います。

その人が提供している、『次世代起業家育成セミナー』を視聴して僕は衝撃を受けました。

「これこそが自分の求めているものだ!」

その日から僕は、毎日のように加藤さんから起業の知識を学びまくりました。

そして学んだ知識をベースに実践に移す事に。


結果今までの努力が実を結び、数万ですがお金を稼ぐ事ができました。

今まで0から自分の力でお金を生み出した事がなかったので、心が震えるくらい嬉しくて、なによりビジネスをやってく上で大きな自信につながりました。

これからはもっと知識や経験を積んで、自分のビジネスの可能性を広げて最終的には自分の理想とする人生を送れるように日々精進していきます。

なぜこのブログを書く事にしたのか

事のきっかけは友人との会話でした。

その友人も僕と一緒で会社の給料だけの人生に嫌気がさして、自分でビジネスを始めようと考えていました。


ただその友人もかつての僕が悩んでいたみたいに

「起業を始めたいんだけど、何から手をつければいいかわからない」

と悩んでいたそうです。


他人事の様に思えなかった僕はその友人に、今自分が持っている起業の知識や思考を伝えることにしました。

そんな会話の中でふと思ったのです。


「他にも過去の自分と同じような悩みを抱えている人っているんじゃないのか?」


僕はそんな人達の力になりたいと思いました。

せっかく自分の人生を変えたいという強い気持ちや向上心があるのに、それを無駄にはしてほしくないという想いが僕にはあります。

なのでそんな人達が自分でこれから起業を始める際の手助けになればと、このブログを書く事にしました。

このブログでは僕が持っている知識や思考を発信していこうと思います。


ここまで数話に渡る僕のプロフィールを読んでいただきありがとうございます。

僕が発信した情報が少しでもあなたの役に立てれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA