できるビジネスマンが持ち合わせてる考え方とは?

突然ですが、あなたに質問です。

できるビジネスマンとできないビジネスマンには、考え方に決定的な違いがあります。

それはなんだと思いますか?

「コイツいきなり何を聞いてくるんだ」と思ったかもしれませんね(笑)


なぜそんな質問をしたのかというと、できるビジネスマンには、必ずと言っていいほど持ち合わせてる考え方があるんですよ。

その考え方を持ってるからこそ、自分の商品であったりサービスが売れていきます。

逆にその考え方を持ってない人は、いくら販売やマーケティングを頑張ったところで、思うように売上げが伸びていきません。

あなたも起業してビジネスをするなら、できるビジネスマンの考え方を取り入れて、売上げに困る道はさけたいですよね。

今回はそんな、できるビジネスマンが持ち合わせてる考え方について話していきます。

 

できるビジネスマンが持ち合わせてる考え方とは?

早速、できるビジネスマンが持ち合わせてる考え方を教えていきますね。

できるビジネスマンは、『お客さんに寄り添おうとする考え方』を持っています。

だから普段の生活の中で、相手に寄り添うことができる人って、できるビジネスマンになる素質を持ってるんですよ。

この答えを聞いて、

「何当たり前なこと言ってんだよ」

「そんな事普段からやってるわ」

と思った人もいるかもしれませんが、意外とできてる人って少ないんですよ。

できるビジネスマンは、本当にお客さんの立場になって、お客さんが求めてるような商品やサービスを作ったり、そしてお客さんが得を感じるような伝え方をします。

具体的にどういった部分が違うのか、次はその話をしていきますね。

 

マーケットインとプロダクトアウト

マーケティング用語には、マーケットインという言葉と、プロダクトアウトという言葉があります。

マーケットインとは、市場やお客さんなどの買い手の立場に立って、買い手が必要だと思うもの、欲しいと思う商品やサービスを開発して提供する事。

プロダクトアウトとは、企業や販売者などの売り手側が、自分たちが販売したい商品やサービスなどを開発して提供する事を言います。

ここまで聞いて、勘のいい人は気づいたかもしれませんね。

できるビジネスマンがマーケットインの考え方を持っていて、できないビジネスマンがプロダクトアウトの考え方を持っています。

確かにプロダクトアウトの考え方が、絶対にいけないというわけではありません。

だけど、今の時代は特にマーケットインの考え方を持ってないと、商品やサービスは売れないんですよね。

なぜなら、今の時代は商品やサービスが世の中に溢れかえってるからなんです。

昔みたいに、商品やサービスが不足してる時代だったら、物を作るだけでお客さんがお金を支払ってくれました。

だから昔の時代は、プロダクトアウトの考え方でよかったんです。

だけど今の時代、そんな考え方でビジネスをやってたらどうなるでしょう?

例え商品を開発したとしても、他に埋もれてしまいます。

それにお客さんの事を考えずに商品を開発して提供してるため、お客さんはその商品を欲しいと感じず、お金を払ってくれません。

いくら売り手側が画期的な商品を開発して、

「この商品は他にはない素晴らしい商品だ!絶対に売れるぞ!」

と思っていても、お客さんのニーズやウォンツを満たしてない商品だったら、まったくもって意味がありません。

逆にマーケットインの考え方を持って、ビジネスをしたらどうなるでしょう?

買い手の必要なもの、求めてるものは何なのか調査したり考えたりすることで、お客さんのニーズやウォンツを満たす商品やサービスを開発し提供します。

お客さんのニーズやウォンツを満たしてますから、お客さんが欲しいと感じてくれて、お金を支払ってくれるんですよ。

 

プロダクトアウトからマーケットインに方向転換して売上げを伸ばした例

ここでプロダクトアウトからマーケットインに考え方を変えたことで、売上げを伸ばした有名な例を1つ紹介しましょう。

それは長崎にあるハウステンボスです。

ハウステンボスは、中世から現代のオランダの街並みを忠実に再現した、日本最大級の大型テーマパークになります。

敷地面積は東京ディズニーリゾートの1.5倍、完成にまでかかった投資額は、東京ディズニーリゾートより500億円も多い2300億円と、その規模がどれだけすごいのかよくわかりますよね。

僕も何度か足を運んだことがありますが、まさに欧州にいるかのような景色と、その広大さにただ圧巻されてたのを今でも覚えてます。

1992年に完成したハウステンボスは、当時日本では珍しかった欧風建築のテーマパークということもあり、1996年には380万人の来場者を記録しました。

ところが、バブル経済崩壊から徐々に売上げを落とし、2010年まで18期連続巨額赤字という悲惨な状態だったんですよね。

なんでそんなことになってしまったのか?

完成した当時は、確かにオランダの街並みを再現したハウステンボスは人々の中で珍しさがあり需要もあったんでしょう。

だけど時代が進むにつれて、海外旅行が気軽にできる時代になっていきました。

ようは、

「海外の街並みを見に行きたいなら、実際に海外旅行すればいいや」

って人々は思うようになったんですよ。

それからというもの、ハウステンボスの売上げは徐々に下がっていったってわけです。

今までは、『オランダの町並みを忠実に再現したテーマパーク』というプロダクトアウトの考え方でしたが、社長が変わると同時にマーケットインの考え方にシフトチェンジをしました。

そこから、お客さんが楽しめる、お客さんが行きたいと思えるテーマパークを目指すことになったんです。

具体的に何をやったかというと、有名なのはイルミネーション。

特に秋から半年間やってる『光の王国』は、世界最大の1300万個の電球でライトアップされ、全国イルミネーションランキングで7年連続1位獲得しています。

これはテレビとかでよく取り上げられてるので、知ってる人も多いかもしれませんね。

それに夏はウォーターパークやナイトプールを開催したり、季節に合わせたイベントも開催するようになり、来場者数はみるみる増えていきました。

結果として、18期連続のハウステンボスが、わずか半年で約3億円の黒字に転換。

めちゃめちゃ凄すぎませんか?(笑)

社長の手腕が大きいのはもちろんですけど、マーケットインの考え方に変えると、これだけ売上げに大きな違いが生まれるってわけです。

ハウステンボスの例からわかるように、今の時代プロダクトアウトではなくてマーケットインの考え方が必要なのがわかったんじゃないでしょうか。

お客さんに寄り添ったビジネスをしたからこそ、これだけの結果を出すことができたんですよね。

 

まとめ

今回は、できるビジネスマンが持ち合わせてる考え方について話してきました。

買い手の立場になって、お客さんに寄り添った考えができる人が、これからのビジネスで結果を残せる人でしょう。

あなたも起業をしてビジネスをする時は、マーケットインの考え方を取り入れるようにしてくださいね^^

2 件のコメント

  • コメント失礼いたします。
    読ませていただきました。
    確かに、何をやるにしても相手の気持ちになって進めることが大事だと思います。
    記事を読んでいて改めて感じました。
    ありがとうございます!

    • コメントありがとうございます^^
      そうですね。ビジネスだけでなく、何であっても相手の気持ちになることは非常に大事ですからね。
      どういたしまして。そう言ってもらえて嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA