商品の価格を決める時いくらで売るのが正解なのか?

あなたが自分の商品やサービスを売る際、または将来作って売ろうと考えた時、

「商品やサービスをいくらで売ればいいんだ?」

と思ったことはありませんか?

営業で会社の商品を売ったり、アフィリエイトで他人の商品を売ったりするなら気にする必要はありませんよね。

だってこれらの価格は他人が事前に決めてるわけですから。

でも自分で商品やサービスを作った場合は、自分で価格を決めないといけません。

とはいっても、いくらで売るのが正解なのかわからないですよね。

なので今回は、自分の商品やサービスの価格の決め方について話していきます。

 

自分の売りたい価格で設定すればいい

いきなり結論から言うと、自分の売りたい価格で設定すればいいです。

値段設定に正解などありません。

もしそんなのがあったら僕も教えてほしいぐらいですよ(笑)

確かに価格戦略って言葉はありますが、この価格にすれば絶対に売れるとか、逆にこの価格以外に設定すると売れないといったことはありません。

正解があるなら、どこの企業も同じ価格で売るでしょう。

正解がないからこそいろんな価格の商品があるわけなんで。

しいて言うなら、売上げが黒字になるような価格に設定する事ですね。

原価500円で作った商品を300円で売ってたら、それは赤字です。

黒字にしていかないと、事業としてやっていけませんよね。

原価500円で商品を作ったなら、それを501円以上で売っていけば赤字にはなりません。

なので最低でも赤字にならないような価格設定をすることです。

その上で、自分の売りたい価格で設定すればいいんですよ。

1つの商品で1万円の売上げが欲しいなら1万円で設定すればいいし。

「1万円じゃお客さんが高いと感じるかな」

と思って1000円に価格を下げて設定する必要はありません。

1000円で設定した時と1万円で設定した時だと、100個売れた場合の売上げに90万円の差がうまれます。

そう考えると、より金額を高く設定したほうがいいですよね。

たとえ黒字だとしても、収支トントンの経営をしてると事業も伸びていきませんし、なによりギリギリ過ぎて精神的にもちません。

満足のいく売上げを出すためにも、自分が売りたい価格で設定することが重要なんです。

 

価格ではなく価値で売る

自分の売りたい価格で設定すればいいと言いましたが、

「価格を高く設定すると、お客さんが買ってくれないんじゃないか?」

「他に価格を低くしてるライバルにお客さんを取られるんじゃないか?」

あなたはそう思ったかもしれません。

確かに1000円の商品と1万円の商品だと、1000円の方が手が届きやすいですよね。

だから価格が高いと、お客さんが自分の商品やサービスを買ってくれないんじゃないかと不安になるのでしょう。

でもその心配はありません。

商品を売ることに関して、多くの人は勘違いをしてるんですよね。

それはどうしてなのか?腕時計を例に話をしていきます。

一概に腕時計といっても種類や価格もバラバラ。

安ければ数千円、高いものだと数千万円もする時計だってあるんですよ。

一軒家が1つ買えるぐらいですから、とんでもなく高価な時計です。

もし価格だけでお客さんが商品を買うのなら、安い腕時計だけバカ売れして、高い腕時計は全く売れないことになります。

でも実際はそうじゃありません、高価格の時計も売れてるんですよ。

むしろ高価格の方が人気だって事もあります。

「それは高価格の時計のほうが品質や性能がいいからだ」

と思う人もいるかもしれませんが、そうじゃありません。

最近は低価格の腕時計でも、品質が向上してるし性能も申し分ない物が増えてます。

品質や性能の面でみたら、高価格と低価格の差はそれほどないんですよね。

つまりお客さんは価格で商品を買ってるわけじゃないって事です。

じゃあ何を基準に商品を買ってるのか?

お客さんは価値で商品を買ってるんですよ。

それは商品そのものの価値ではなく、商品を手にしたことで得られる価値のことになります。

例えば、「他人に自慢ができる」、「異性にモテる」、「自分の格があがる」など。

実際にそうなれるかは別として、お客さんが身につけた状態をイメージして、そこに価値を感じれば商品を買ってくれます。

高級車だったり、ハイブランドの服が売れるのも同じ理由。

お客さんは価格ではなく、価値で商品を選んで買ってます。

だから商品を売る時は、自分の売りたい価格で設定すればいいんですよ。

重要なのは、お客さんに価値を感じてもらうことだからです。

 

お客さんに価値を感じてもらうにはどうすればいいのか?

重要なのは、お客さんに価値を感じてもらうことだとわかったと思います。

じゃあどうやってその価値をお客さんに感じてもらうのか?ですよね。

それは商品のベネフィットを伝えることです。

商品そのものの性能や特徴の事をメリット、商品を使ったことで得られる未来の利益の事をベネフィットと言います。

先ほど高級時計の話で出た「他人に自慢ができる」、「異性にモテる」、「自分の格があがる」

これらがベネフィットなんですよね。

ベネフィットについての詳しい話は下記の記事でしてるのでぜひ読んでください。

商品を売るにはメリットではなくベネフィットで売る事が重要

2019年9月22日


そしてベネフィットの伝え方も大事になります。

ただ単に、

「この商品を身につければモテますよ」

「このサービスを受ければ綺麗になれますよ」

と言ってもお客さんにはそれが伝わりません。

大事なのは、『この商品やサービスがお客さんにとっていかに必要なのか』を伝えることです。

それがお客さんに伝われば、

「この商品やサービスは自分にとって必要なものなんだ」

と思ってくれてお金を払ってくれるわけです。

道端に落ちてる石ころを誰も欲しいとは思わないですよね。

でもその石ころが自分にとって利益をもたらすものだと認識したら、それに価値を感じ、欲しいってなるんですよ。

お客さんにそう思わせるためには、商品を販売する上で必要な要素と手順を知らなければいけません。

商品をたくさん売ってる人は、この要素と手順を理解して実践してるんですよね。

そんな販売の本質的にせまる非常に重要な話を下記の記事でしてます。

あなたが売上げを伸ばし、より多くの利益を得たいなら必ず読んでくださいね。

 

まとめ

商品の価格はいくらで設定するのが正解かについて話してきました。

結論として、価格設定に正解はなく、自分の売りたい価格で設定すればいいという事です。

そして大事なのは、価格で売る事ではなく価値で売る事。

あなたも商品を売る時は、自分の売りたい価格に設定して、お客さんに自分の商品やサービスは価格に見合った価値があると思ってもらえるような伝え方をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA